なぜ中央区のマンションが注目されているのか

中央区のマンションが注目されている理由としては、2020年に開催されるオリンピックの選手村が区内に建設されている点があります。新しくオリンピックに向けて大規模に建設されており、オリンピック終了後には、そこを民間に転用される予定となっています。そのため新しい物件や設備が整った物件が建設されているため、居住エリアとしても注目されています。また周辺には商業ビルが占めて、そのビル建物も多く、多くの会社が本社として活用されているため、通勤する上でも便利な立地になります。鉄道・バスなどの交通機関も整備され、道路事情も碁盤の目の様に整備されていることも交通事情を良くしています。この様に物件を所有すると価値の上昇も期待できる地域となるため、オリンピック開催されるまで地価が上昇し続ける可能性も高く、注目されています。

オリンピック競技場移動のための道路整備が進行する

中央区の中でも選手村に活用されるのは、沿海部に属する地域で、そこは近くに大きな環状線の建設が予定されています。その環状線が完成すると、選手をオリンピックが開催されるスタジアムまで自動車なら10分程度で通える距離になる予定です。周辺の状況は、現在、自動車の渋滞がよく見られる地域ですがオリンピックの開催に伴い、新しい環状線が建設されると渋滞解消となる追い風になる点も魅力となります。区内にマンションを持った場合には、商業施設から鉄道を利用しない場合でもタクシーなら約10分で通うことができる様になるため、仕事などで終電に乗り遅れても十分に帰宅できます。こうしたオリンピック特需の影響をもっとも受けやすい地域性が中央区に存在するため、区内にマンションを所有することが注目されています。

地価の大幅な上昇が見込まれる地域性がある

2020年のオリンピックの開催は、その地価を押し上げる可能性があり、試算によると中央区の地域では約2割の上昇が見込まれます。2割も上昇すると不動産投資を考える方も増えており、今のうちに買い占めて値上がりしたら売却するといった形で投資を検討される方も増えています。そのため、先物買いとして区内の新築・中古マンションが人気傾向となり、上昇の兆しがあります。実際に購入される方は、そこに住むことを想定して購入される方も多いですが、それよりも賃貸して収益を上げる物件として購入される方も多いです。ほぼ確実的に値上がりが予想される地域であるため、投資用不動産の取得を検討される方にとってはおすすめの地域となります。オリンピックが終了するまでは、毎年値上がりする確率も高いのも魅力的です。