新築マンションを中央区で探す時のコツ

東京都中央区でマンションを探すときは、まず自分がどのような生活をしたいかと収入に大きく依存するでしょう。とにかく利便性が高い生活をしたい場合は、東京や銀座や人形町などの人気エリアの物件を探すことがおすすめになります。ただし、当然のことながらその物件の値段は非常に高い値段になるでしょう。坪450万円近い物件ばかりですので、3LDKを買うならほぼ1億円を越えてくる値段になります。2LDKや単身用の物件であっても5000万円を下回ることはほぼありません。それに比べて晴海地区など少し利便性が落ちるが落ち着いた環境で住みたいと思うのであれば、坪300万円程度で買うことも可能になります。ただ、それでも3LDKで6000万円以上の物件ばかりですので一定の収入は必要になるでしょう。

晴海地区のマンションの特徴について

晴海地区には、この数年タワー型のマンションが多数できております。そのコンセプトとして都会でありながら落ち着いた空間になっていることが上げられます。晴海地区は、東京駅からは4キロ未満のところにありながら交通網が発展しなかったため開発が遅れていました。そして、つい最近新規開発が始まっていますので町並みを0からしっかりと計画されて作られています。都心でありながら、この落ち着いた空間を求めるのであれば晴海地区が絶好のお勧めの場所となります。物件の値段も3LDKでしたら6000万円以上の物件が多いですが、2LDK以下であれば5000万に満たない物件も多数存在しております。普通のサラリーマンにも十分手の届く範囲ともいえるでしょう。少なくとも他の地区よりはかなり安いといえます。

他の地区のマンションの特徴について

東京都中央区の他の地区は、基本的に坪450万円程度の物件になります。2LDKでも7000万円級の物件ばかりですが、そこは東京の真ん中である中央区ですのでその価格になります。銀座地区の近くにも物件が多く出来ていますが、当然のことながら銀座には高級店から通常の店まで多く揃っております。それも考えると買い物には困らないエリアといえるでしょう。通勤面でも東京へ非常に近いのでその便もいいといえるでしょう。人形町エリアなどは、昔ながらの場所なので、たくさんの商店街が存在しています。今でも多くの人で賑わっていますので、近くに物件があれば非常に便利なところといえるでしょう。このように、非常に便利な地区の物件はやはり高い物件ばかりになります。利便性か開放感のどちらを選択するかで物件の選び方は変わってくるでしょう。